散歩のお供に「ポケモンGO」10月は「ライコウ」出現

体力の回復にはまず歩くのが一番。

悪性リンパ腫や白血病になると「がん細胞の分裂」の影響で高熱が続き、体力が著しく低下します。

また長期間の「抗がん剤治療」でさらに体力が低下し、脂肪もそうですが筋肉もやせ細ってしまい日常生活に支障をきたすようになります。

治療が完了して「寛解」したとしてもお医者さんは体力の低下までは面倒見てくれません。自分でなんとかしなければなりませんよね。

私の周りにもガンの治療後、筋力トレーニングなど激しい運動を始めるかた(中にはボディービルの大会にでるかたなど)がいらっしゃるのですが、そのまではできないというかたが多いのではないでしょうか。

私の場合は、お医者さんに激しい運動は控えるように言われているので、毎日散歩を日課にして体力を回復させています。目標は一日4キロ。

そんな時に、万歩計替わりやちょっとした目標を与えるためのアイテムとして「ポケモンGO」を使っています。

1年前に大ヒットしたが、また盛り上がってきたようです。

「ポケモンGO」は昨年の7月から日本でも配信され、社会現象になりましたが、最近はあまりやる方がいなくなってきているという話を耳にしていました。

当時は「介護の散歩に楽しみが増えた」とか「引きこもりが部屋を出た」など色んな利用法が紹介されていました。私はそのころから散歩のお供に利用していました。いってみれば「がん患者のリハビリ」ですね。

昨年の配信開始から半年あまり経ってきたころからマンネリ感がありましたが、1年を経過した頃から「伝説のポケモン」なるものが期間限定で配信されるようになりました。

その「伝説のポケモン」と戦える「レイドバトル」には、どこからともなく人が集まってきて協力して「伝説のポケモン」を倒し、運が良ければそのポケモンをゲットできるというイベントです。

集まってくる人を見ていると、なんと年配の方が多いことか。若い方より40~60歳台と思われる方が多くて驚きました。

場所にもよりますが、土日祝日は「伝説のポケモン」探しをやっているサラリーマンの方も多いようです。息の長いゲームですね。

また課金しなくても遊べるところが長く支持されているのかもしれません。

10月の「伝説のポケモン」「ライコウ」をゲットしました。

私は毎日の日課で近くに「伝説のポケモン」出現を発見したらそこまで散歩しています。もし参加者がすくなければ無理に対戦せず別の出現を待つという方法で散歩に目標を決めて楽しんでいます。

10月の「ライコウ」さんは5回倒して、5度目でやっとゲット!9月の「スイクン」さんは2回目でゲットできたので少々苦戦した感じでしょうか。

10月はまだ始まったばかりなので2匹目にチャレンジしてみようかなと思っています。

みなさまも是非体力づくりに「ポケモンGO」を楽しまれてはいかがでしょうか。

私の戦績

ちなみに私が今までにGETした「伝説のポケモン」は以下の5体です。「ファイヤー」というのは取れませんでしたが、残りはゲットしました。

ちょっと自慢ですかね。。。もっとすごい方がいたらたいへん申し訳ないのですが、50歳台の体力づくりのついでということでお目こぼしください。

10月「ライコウ」

 

9月「スイクン」

 

8月「ルギア」「フリーザー」「サンダー」

    

11月も新しい「伝説のポケモン」がでるでしょうから楽しみです。