週末に高熱。白血病発病時の初期症状なのか不安。

また高熱が頻繁に出るようになってきました。

月曜日から金曜日まで毎日、会社に行って宮仕えの日々。普通の生活を過ごしております。

年始に救急車で運ばれ緊急入院のなったため、お酒は控えめに自重する毎日。会社は基本定時に退社し、自宅にまっすぐ帰るまじめな生活を送っていますが、週末近くになるとしんどくなり、ここ数か月、土日はしっかり休息を取ることを心がけてきました。

そんななか2月中旬から高熱(38度台)がでるようになってきました。

いつも金曜日に発熱

典型的な宮仕えタイプで高熱を理由に休暇はとっておりません。見事に休みの日に熱が出る。特に連休は高熱が続きます。

白血病の初期症状で高熱が続いて、かなりしんどい経験をしましたが、その頃の感じにも似ているし、免疫低下時の帯状疱疹の時にも似ている。また経験して事のない皮膚にでるGVHDかもしれないなど、にわか診断しているのですが、週末の夕方から2日ほど発熱するという繰り返し。

原因はまだ不明です。

ちょっと気になることとしては頭皮が痛むという症状。帯状疱疹が再発した可能性が高いかなと勝手に推測しています。

高熱が続くとタバコが吸いたくなる。

高熱が出るとアイスクリームが食べたくなったり、タバコが吸いたくなったりと、体温を下げようと自然行動としてしまいます。どちらも体に悪いのに、、、ね。

ただ、30年ちかく喫煙を続けてきたけど、不思議なことに肺がんや胃がんではなく、白血病(それも成人T細胞)なんですから、タバコは私にとって体に悪かったのか、疑問です。逆に熱さましのような役割を果たしてくれているような、、、、まあ、吸わないにこしたことはありませんが!

連休明けに病院で診断してもらいます。

それにしても、成人T細胞白血病という病気は、本当に気がやすまらない病気ですね。