意外と厳しくなかった白血病治療の食事制限

厳しくなかった食事制限の意外な事実

白血病治療を進める過程で、免疫力低下や服用薬の影響があるため、食事についても指導をうけます。
もちろん、個人差はあると思いますが、食べられないと思っているものも場合によっては食べてもいいようです。
あくまで、私がお医者さんに聞いて、退院後、実際食べてみてなんともなかったものを書きたいと思います。

食べてはいけないとされる食べ物

免疫低下時(抗がん剤治療を行っている期間や移植で免疫低下が著しい時)

生食(生野菜、刺身など)
新鮮と思われる野菜や肉・魚も菌がたくさんいるので、しっかり加熱したもの以外は食べてはだめ。
お肉もレア系は避けてください。との指導でしたので、お店でも思いっきり焼いてもらってましたが、焼すぎはおいしくないです。
野菜もたまにはサラダでも食べたいところでしたが、温野菜とか野菜炒め以外はNGという指導になります。
とんかつ屋の付け合わせキャベツも抜きでたのまければなりません。

調理後2時間以上経ったお弁当、総菜
会社に弁当持参なんでもってのほかということです。もちろん総菜屋さんに並んでいるおいしそうな総菜もNG。
自宅でしっかり加熱してもらったものを食べるか、目の前でつくってくれるお店でないと心配になります。

菌類・発酵食品
納豆なんかは想像通りでしたが、確かに病院食でお漬物/味噌汁も出てこなかった記憶が、、、、
気をつけて世の中の食材を見てみると発酵食品や発酵食品をつかっているおかずが多いこと。
味噌汁はしっかり沸騰させていればいいようですが、ヨーグルトなんかも避けるように言われました。

お付き合いなどで食事をする時など仕方なく食したものもありましたが、結果は大丈夫でした。
ただ、無防備に食べていると口の中がカビだらけになったり、軽い病気も重症化しないとも限りませんので、注意するにこしたことはありません。

免疫抑制剤使用時(薬の効き目が悪くなるため)

グレープフルーツ
ちょっといい店なんから夏の暑い時にグレープフルーツのシャーベットなどでてきますが、絶対NG
病院の売店(コンビニが多いですが)売っているスポーツドリンクなどの清涼飲料水にも結構グレープフルーツが使わてています。
(しっかりと成分表示みないとうっかりとってしまいますので注意)
免疫抑制剤は微妙な調整で体に支障をきたすもの。薬の効き目が悪くなるとGVHDがひどくなり、場合によっては重症化してしまいます。
これだけは、徹底的にとらないように気をつけました。

食事制限の意外な事実(あくまで白血球が回復している時のこと)

担当医さんはさすがに教えてくれなかったのですが、親しくなった研修医さんにいろいろと裏技など教えてもらいました。

生野菜禁止の意外な事実

どうしてもサラダなどが食べたくなったらコンビニのサラダなら大丈夫だそうです。もちろん賞味期限内に限定です。

なぜなら病院で使っている消毒薬とコンビニが公表している消毒薬は同じだからという話でした。

たぶん「次亜塩素酸ナトリウム」というハイターと同じ成分の消毒薬だろうと思います。
一説には「次亜塩素酸ナトリウム」で消毒された食べ物は「食べてはいけない」などと言われているようですが、お医者さんの間では消毒液としては定番のようで、問題ないということが定説なようです。

私も結構食べていましたが、異常はありませんでした。

調理2時間以上たった弁当・総菜禁止の意外な事実

調理後どのくらい経ったものなのかなど、一般人にはわかるはずもありません。これに対応するには家庭で作るしかありません。
弁当は禁止なので、会社での昼食はどうすればいいのかと相談したところ意外な回答。
「賞味期限内の弁当なら問題ないですよ」
とのこと。電子レンジで温めるなどすればさらに安全だそうです。
お医者さんも結構コンビニ派の方が多いようです。

肉・魚などの意外な事実

基本はばっちり火を通したもの以外NGですが、
ステーキなら
「レアじゃなければいいと思いますよ。ミディアムレアくらいなら」
さしみは、
「魚の切り身なら問題ないかと、心配なら消毒のため、ワサビなどつけてはどうですか。まあ、口内炎の状態次第でしょうけど」
「ただ、貝類は避けたほうがいいですよ」
との話。
意外と守れそうです。
ただ、今はやりの熟成肉はミディアム以上やいた方がいいのかも知れません。

発酵食品の意外な事実

発酵食品は意外と多いので、間違えて食べてしまいそうですが、
チーズなどは
「ゴルゴンゾーラやカマンベールみたいに、カビ・カビしていなければいいんですよ。」
チェダーチーズやプロセスチーズは問題ないとのこと。
漬物も
「ぬか漬けのようなものは避けたほうがいいかもしれませんが、たくあんなどは大丈夫です」
これも意外とゆるい。

ただし、納豆はどうしてもNGだそうです。

カップラーメンは無敵?

ラーメン屋さんで麺やスープはしっかり熱が通っていますが、付け合わせのチャーシューや野菜、海苔などは生がそのまま乗ってくので少し怖いです。
外食でラーメン食べるならしっかり火が通っているタンメンやちゃんぽんかな。
それ以外では、入院で病院食に飽きた方が意外と食べているカップラーメン。これは看護婦さんも認めてくれてました。
これも賞味期限切れに気をつけてば問題ないようです。

結局のところ

入院時や退院時に食事の注意事項として説明されていることは、誤解や勘違いをさせないように広範囲のものを禁止としているように感じます。
本当にやばいものは、賞味期限切れものや、カビなどの菌。薬の効き目を弱くする食材(私の場合はグレープフルーツ)だったようです。

コンビニやお弁当屋さんなど食中毒を恐れて消毒剤なども研究して「安全なんだな~」と再認識
低免疫の人間が治療を受けながらでも食べるもので困らないことに感謝。
結局のとろこ、自宅で作り置きしているカレーなどの方が意外に危なかったりして、、、。