【白血病関連記事】がんで年収2割減 民間調査、休業・業務抑制響く

がんで年収2割減 民間調査、休業・業務抑制響く

平成29年8月16日の新聞記事です。

ライフネット生命の調査で、「働いている時にがんになった人は、休職したり仕事量を抑えたりした影響で、年収が20%減少している」とこと。

以前も同じような記事を読みましたが、病気を理由に無職になった身としては、重く受け止めてしまいます。

なじみのある同僚に迷惑をかけるのが忍びないとか、病気したのだから後人(部下など)に役職を譲るとか理由は色々あると思いますが、いざ50歳超えて就職活動をやってみると年収20%減少では済まないという現実があります。

普通に働けるといってもなかなか信用してもらえないんですよね。

平均年収は、がんになったことで415万円から332万円に減り、20%のマイナス。

「回答者のうち、収入が減ったのは全体の56%だった。なかでも「無収入になった」が18%で最も多く、「1割以上2割未満」と「2割以上3割未満」がともに15%、「5割以上6割未満」が14%の順。」とのこと。2割近くが離職しているんですね。

時間給などで働いている方なんかも、入院や通院などで休みがちになると収入が減るのは当たり前です。

病気のレッテルが貼られると色々と不都合が生じてしまいますので、ある程度回復したらあまり表に出さないようにした方がよさそうですね。

収入がないまたは減ると余裕がなくなりそうです。

収入が減る分、支出は抑えていかなければなりません。スーパーでの安売りとか総菜のディスカウントだけ利用。外食なんかはとんでもない!なんて。

気持ちが貧しくなってしまいます。

だいいち安売りなんかは賞味期限ギリギリですから、免疫が低下している状態(抗がん剤治療中など)は厳禁です。

さらに医療費がかかってしまうよりは食材は新鮮なものを選びましょう。

私のおすすめ

趣味なんかもお金のかからないものを中心に探していきましょう。

私は映画鑑賞が趣味だったのですが、最近はアマゾンのプライム会員になって、映画見放題を活用しています。

お金のかかるスマホのゲームなどはやめて、散歩がてらに「ポケモンGO」くらいやっています(本気にならなければ無課金で十分)。

もう少しつらくなったらスマホ解約してしまおうかと。LINEやEメールくらいはパソコンでもできます!(スマホの端末はノートパソコンより高いし、通信料も半端じゃありません)

まあ、今の端末が使えなくなったらの話ですが、、、

とりあえず職探し

私は失業してもうすぐ2か月。仕事のストレスがない分は体の負担も少ないので体調はいいですが、無収入(失業保険はいつまでもでる訳ではありませんので、、、)では不安です。

心の病になりそう。でも。

卑屈になったらいいことは逃げていきますから、気持ちをしっかり持って職探ししていきます!

私も懸命にもがいていきますので、同じ境遇のみなさん!あきらめず一緒に頑張っていきましょう!!